『巨匠の技』一級彫刻士による伝統の手彫り印鑑

手彫り印鑑の繊細で美しい印影の仕上りが芸術です

PCで印影を作り、彫刻機で自動彫刻をする印鑑が増えている中で、伝統の技で創り出される世界に一つだけの個性を持つ美しく繊細な印影の手彫り印鑑の価値は色あせることがありません。

はんこ屋さん21の手彫り印鑑を彫るのは、印鑑を彫り続けて43年一級印章彫刻技能士と伝統工芸士のライセンスを持つ印章業界の重鎮「伊藤寿一先生」です。

実印や銀行印は、その人自身を表す大切な印鑑です。そんな実印や銀行印は巨匠の技で彫刻される手彫り印鑑がおススメです。

はんこ屋さん21の『手彫り印鑑』と『手仕上げ印鑑』

彫刻方法には『手彫り』と『手仕上げ』があります。その違いは「荒彫り」といわれる工程で、手彫りの場合は荒彫りを含めて、すべて職人が印刀で彫刻します。手仕上げの場合は荒彫りの工程のみ、ペンシル型の器具を使って彫刻します。

手彫り印鑑というと高価なイメージがありますが、はんこ屋さん21では比較的お求めやすい価格とさせていただいております。また、職人に彫刻してほしいけど価格はより抑えたいという場合は、一部の工程で器具を使用することで職人の手間を減らした「手仕上げ」という彫刻方法がおススメです。

関連記事

PAGE TOP